中国共産党第19期中央委员会第1回全体会议(一中全会)において新たに中央政治局常务委员に选出された、中国共産党中央委员会総书记の习近平氏、中国共産党中央政治局常务委员の李克强氏、栗戦书氏、汪洋氏、王沪宁氏、赵楽际氏、韩正氏が25日、人民大会堂で、第19回党大会を取材した国内外の记者らと会见しました。

习近平氏は记者会见で谈话を発表し、「中国共産党第19回全国代表大会の开幕以降、165の国の452の主要政党から、合わせて855通の祝贺のメッセージが届いた。そのうち、814通が国家元首、政府首脳、政党、重要组织や机関の指导者から送られたものだ」と明らかにした上で、中国共産党中央を代表して心からの感谢の意を表明しました。

そして、党の全ての同志が中国共産党中央の新たな指导者を信任したことに心からの感谢の意を示した上で、「职责を全うし、勤勉に活动し、使命を果たし、期待に背かない」しました。

习氏はまた、「长期にわたる努力を経て、中国の特色ある社会主义は新时代に入っている。新时代には新たな気风と新たな贡献がなければならない。これからの5年间は、中国が『2つの100年』目标を実现する节目の时期である。1つ目の100年目标(中国共産党创设から100年、すなわち2021年までに、小康社会=いくらかゆとりのある社会を実现する目标)を达成し、2つ目の目标(新中国诞生から100年、すなわち2049年までに、富强、民主、文明、调和のとれた社会主义现代化国家を実现する目标)の本格的な実现段阶がスタートする」と述べ、さらに、「2018年に改革开放40周年を迎える。改革开放は现代中国の运命を决定する要だ。中国共産党はこれまでの経験を総括し、国家ガバナンスシステムとガバナンス能力の现代化を推进し、一贯して改革を深化させ、开放を拡大させるとともに、改革と开放を互いに促进させ合い、补い合わせることで、さらに辉きが増すようにする」と语った上で、「中华民族の伟大な复兴は、改革と开放のプロセスによって必ずや実现するだろう」との确信を示しました。

今後5年间の新しい目标については、「2019年に中华人民共和国は成立70周年を迎える。中国は新しい発展理念を贯き、経済の持続的かつ健全な発展を推进して、中国人民と各国の国民に実利をもたらしていく」として、「引き続き第13次五ヵ年计画(十三五)の各任务を遂行するとともに、今後の発展に向けた新しい计画を立て、各事业の全面的な発展を推进していく」と述べました。

习氏は続けて、2020年をめどに小康社会を全面的に筑き上げる中国の目标を重ねて强调し、「小康社会の全面的な构筑においては、1人も漏らしてはならない。豊かな暮らしを共同で求める道においては、1人も置き去りにされてはならない。我々は断固として贫困脱出の难関を突破し、约束を果たせるよう确保する。我々は人々の美しい生活への憧れという奋闘目标をしっかりと铭记し、人民を中心とする発展の理念を坚持して、国民生活の改善と保障を全うするための各种の仕事に取り组む。人民の获得感、幸福感および安心感を絶えず向上させ、全ての人民の生活を共同で裕福なものにするために引き続き迈进していかなければならない」と语りました。

さらに、「中国共産党は2021年に设立100周年を迎える。中国共産党は、中华民族の末永い伟大な事业に目を向けており、100年目は最盛期に当たる。中国共産党は、いつまでも活気を保ち、永远に人民の公仆、时代の先駆者、民族の支柱であるべきだ」との考えを示し、「党の管理を全面的に厳しく実施する道は、永远に続く」と强调し、「清廉洁白な気风に満ちた政治环境の构筑に力を入れ、党全体の强いプラスエネルギーをもって、中国の発展と进歩を促す社会全体の强大な力を束ねていく」と述べました。

その上で、「中国共産党と人民は苦难を乗り越えた経験から、平和の大切さや発展の価値をよく知っている。中国人民は自信とプライドを持って、国家の主権と安全、発展の利益を断固として维持し、各国国民と共に人类の运命共同体构筑を积极的に推进し、人类の平和と発展の崇高な事业により大きく寄与していく」と强调しました。

习近平氏は最後に、「百闻は一见にしかずという言叶の通り、记者の皆さんが中国をよく见て、歩いて、第19回党大会後の中国の発展と変化に引き続き注目し、より全面的に中国を理解し、报道することを歓迎する。过分な褒め言叶よりも、客観的な绍介と有益な意见を、一贯して歓迎する」と语りました。(怡康、谦)